アートな人生

12/28/2016

御用納の出来事

12月28日は世間はシゴト納めの日でして、、、まあ、ウチのカイシャでも15時までフツーにオシゴトして、ソレから1時間ほど事務所の中を掃除&机上ゼロにして、16時に解散だったんですが、、、サーバーを落とすのに時間かかって16時半に事務所を出ましたcatface そんでもって、今日もまた一斉を風靡した映画のヒロイン死去のニュースが流れましたねweep 心臓発作を起こして救急搬送されて集中治療室にいるというニュースが流れたばかりでしたが・・・うーん、、、今年はホントに、有名人が相次いで亡くなりましたねgawk

米女優キャリー・フィッシャーさん死去 「レイア姫」

ご存じ、初代「スター・ウォーズ」シリーズのヒロインでご存じのヒトも多いんぢゃないでしょうか??一作目は1977年、二作目は1980年の「帝国の逆襲」、三作目は1983年の「ジェダイの復讐」でして、、、兄貴が大学に入学した年の夏休みに東京へ遊びに行った時、趣味を通じて知り合った文通友達と一緒に三作目の「ジェダイの復讐」を観に行きましたっけcatface その後、たくさんのシリーズが製作されましたけど、あの時代にあのSF作品って、ホントに斬新で画期的だったと思うんですよねshine 作品のインパクトは大きくて今でも印象に残る映画作品の一つですcatface ご冥福をお祈りいたしますthink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/23/2016

映画の見過ぎ(^^;;

インディペンデンス・ディ』ご存じですよね??1996年公開のSF映画なんですが、エンタメ要素満載でけっこー楽しめましたし、ワタシはなかなか好きでしたねhappy01 ストーリーが起承転結はっきりしているのでペーパーバックも平易で読みやすかったし、音声録画して英語学習にも役立ったし、いいとこ満載でしたなあgood と思っていたら、今年になって『インディペンデンス・ディ リサージェンス』とゆータイトルで続編が公開されたらしく、、、残念ながらこちらはあまり評価は高くないようで、まあそのうちGYAO!あたりで無料公開されるかもしれませんねbleah

そんで、だいぶ前の話なんですが、久しぶりの友達とデンワで話した時にいろいろと昔の事で盛り上がったのはいいんですが、そのうち愚痴になりまして、、、まあ、彼女も社会人ですからイヤなコトも多くて、ウマいコト言って自分に取り入ってきて、オイシイトコロだけ取ったらさっさと次のターゲットを見つけてそっちにシッポ振ってんだよ!!pout って怒ってたんですけど、まあ、そんな残念なヒトは世の中大勢いますからねえgawk お得意様や取引先にいるならストレスにならん程度に上手に扱うしかないし、付き合わずに済むなら付き合わないのが一番ですよね??gawk

そんなこんなで、彼女のグチ話を聞いているウチに、ワタシのアタマの中にゃ『インディペンデンス・ディ』のエイリアンの姿が浮かび上がってきましてcoldsweats01 このエイリアン、資源を求めていろんな惑星を転々として、その惑星の資源を吸い尽くしたらまた次の惑星を侵略するとゆー、イナゴ集団みたいな連中なんですな。ワタシの中ぢゃ、彼女のグチの対象がすっかりこのエイリアンに脳内変換されてしまいまして、、、オイシイとこ取りをするヒトの話を耳にする度に、そのヒトがエイリアンに見えてしまうワケですcoldsweats01 うーん、、、思いっきし映画の見過ぎかもしれませんcoldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/10/2016

GOEMON

中古DVDで『GOEMON』を観ました。まあ、三日間の連休のヒマ潰しなんですけどcoldsweats01 映画が公開されてた時は「ふーん、どうせ邦画だしねえ・・・bleah」と、バカにして映画館で観るコトはなかったんですけど、いざDVDで観たらコレがなかなか楽しめましたねえcatface ビジュアルは良く出来てるし、ストーリーも歴史物なんですけど、決して歴史を曲解しているワケではなく、新解釈ということで、なかなかユニークな出来でしたeye 登場人物の中では、要潤の変貌ぶりに驚きました。いや~ビジュアルでココまで変われるとは、スゴいですねcoldsweats02 個人的には、実写版『パタリロ』のバンコラン役にぴったしぢゃないかと思ったぐらいですcoldsweats01 まあでも、映画監督をやった紀里谷和明氏は宇多田ヒカルの元ダンナとゆー認識しかなかったんですが、こうしてみると才能豊かですねcatface

ちなみに、NHK大河ドラマ『秀吉』で、松たか子演じる淀君が洋装で真田広之演じる石田三成を魅了するシーンがあるんですが、あの洋装姿は現代でも全く違和感ありませんよね??こうした華やかな文化は、徳川幕府になって鎖国されてしまって終わるんですけど、西欧文化がドッとなだれ込んできた安土桃山時代って、日本史上最も現代に近い雰囲気を持っていた時代ぢゃないかな??って思うんですよねcatface まあ、石川五右衛門が実在の人物かは不明なんですが、豊臣秀吉の治世に都市部を荒らし回って実際に処刑された盗賊はいたようですし、当時の記録や後世の伝承やら見るとあながち架空の人物でもなさそうで、いろいろと想像力(創造力)をかき立てられますねwink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/18/2016

フライト8714

三連休のヒマ潰しに『フライト8714』という映画をGYAO!で観たんですが、、、意外や意外、秀作でした。スペインで起きた航空機事故の事故調査と原因究明について究明するストーリーなんですが、、、特段のパニック映画でもアクション映画でもなく、ただただ淡々と物語は進んでいくんですが、事故原因には様々な要因が絡み、いつの間にか目が離せないストーリー展開となっていました。もちろん、時々ヒコーキを利用する人間としては、航空機事故なんて悪夢以外の何物でもないんですけどねshock 観終わった後、改めて空の安全を祈らずにはいられませんでしたthink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2016

POMPEII

よーやっと、DVDで『POMPEII』を観ましたcoldsweats01 この映画が公開された頃、観たいな~ってコメントしていたんですが、、、結局観に行く時間が取れなくてそのまんまになってしまったんですよねえ・・・gawk そんで、先日DVDをまとめ買いした時に一緒に買ったんですよね。ストーリーは古代ローマ帝国の町ポンペイを舞台に、復讐あり、戦いあり、ロマンスあり、最後にヴェスヴィオス火山の大噴火によって町が消滅。権力と戦い続け、身分差を乗り越え、やっと自由を手にした主人公の男女も、ラストは火砕流に巻かれて消えてしまいますcrying ちょっとだけ『タイタニック』を彷彿させますね。

ポンペイ最後の日』や『ポンペイの四日間』、『ダンテズ・ピーク』みたく、このテの古代ロマン物や自然災害物の物語では、フツーは主人公の男女はナントカ生き延びるんですが、この映画では登場人物全てがポンペイと運命を共にしてしまうのですcrying 現代人の社会常識から見ると、ローマからやってきた元老院議員は悪の権力の象徴なので観ていて腹立たしいんですけど(『タイタニック』を観た時も同じ感想でしたがcoldsweats01)、当時は身分格差は当たり前なんですよね。当時の社会状況とヴェスヴィオス火山の大噴火とポンペイの消滅、そして人々がどのような最期を迎えたのか、正確に再現した作品です。残酷な話ですが、現実はこのような状況だったんでしょうねthink

通常の火山噴火ではマグマが流れ出るパターンが多く、1991年の雲仙普賢岳の噴火では火砕流が世界で初めて鮮明な映像として継続的に記録されたそうですが(pyroclastic flowという言葉も広く周知されました)、数百度の高温のガスが時速百キロで流れ出るため、非常に危険な噴火現象です。雲仙普賢岳では有名な火山学者を含め、マスコミ関係者に大勢の犠牲者が出ましたが、プレー山の噴火は二十世紀最大最悪の犠牲が出ました。ポンペイの町はヴェスヴィオス火山からたった10kmしか離れておらず、目と鼻の先の距離でした。噴火後、町は軽石と火山灰に埋もれ、火砕流で全てが死に絶えてしまったのです。火砕流がポンペイを襲うCGシーンは、災害の多い日本に住む日本人として観ていて苦しくなりますね。

現代では、かなりの確率で噴火の予測が立てられますが、当時は自然災害を予測する手段なんてありませんから、ある日突然世界の終わりが訪れた感じだったんでしょうね。天気予報も、大雨や台風はある程度予測が出来ますから、警報が出た時点で事前の避難が可能なわけです。『POMPEII』を観つつ、まあ娯楽映画ではあるんですが、当時の名も無き人々に思いを馳せつつ、輪廻転生という現象が本物ならば、主人公達と同じような境遇だった人々が別の世に生まれ変わって幸せに過ごしていることを祈るばかりですthink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2016

芸術にとっての最大のモチベーションとは・・・

先週末、久々にいろんなDVDを観まして・・・『ゴッドアーミー/悪の天使』、『ゴッドアーミー/復讐の天使』はなかなか良い出来でしたね。堕天使ガブリエル役はクリストファー・ウォーケン。今やすっかりおジイさんになってしまいましたが、若い頃はなかなか妖艶でエキセントリックな俳優さんで、一癖も二癖もある役が似合いますhappy01 まあ、ストーリーは淡々と進んで、『コンスタンティン』みたいな派手なアクションはなく、『エンゼル・ハート』みたく陰湿で凄惨なストーリーでもないんですが、いつの間にか引き込まれている感じです。けっこーこのテの話とゆーか、天使と悪魔、天国と地獄、天界と魔界、妖怪系のストーリーは好みなんですよねcoldsweats01

ちなみに、ワタシはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロ、ルーベンス、ピーター・ブリューゲルの絵画は大好きですし、本当に素晴らしいですよね??lovely 音楽も、バッハやヘンデルと云ったバロック音楽は大好きですし、パイプオルガンのコンサートなんかに行くとステキ過ぎてぞくぞくしますhappy02 やっぱし、芸術にとっての最大のモチベーションは宗教でしょう。ヨーロッパの絵画にしろ、ニッポンの芸術にしろ、最大のテーマは宗教ですよね??ワタシ自身はクリスマスやお正月をちゃっかり祝うようなフツーのニッポン人ですから、特定の宗教には肩入れしていないんですどねcatface

DVDの話題からなんだかとりとめのない話題になってしまいましたが、、、まあ、いくらニッポン人が特定の宗教を持たないとはいえ、お正月やお盆を過ごしてますし、お葬式にはお寺さんにお世話になってますよね??smile ガイジンさんと宗教の話題は避けたほーが無難ですが、うかつに「I'm an atheist.(私は無宗教です)」と答えると、「全ての神性を否定する無神論者」と思われたり、「宗教に対して敵対心を持っている」危険で野蛮なヤツと警戒されるので、その時は「I'm a Buddhist.」と答えたほーが無難でしょうcoldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2016

マンガマンガマンガ

e-Bookでマンガを買って以来、すっかり昔のマンガにはまってしまって、、、coldsweats01 iPad miniも最初は電車の中でネットとメールを見る程度ぐらいにしか考えてなくて、容量も16GBしかなかったんだけど、e-Bookで『ゴルゴ13』を全巻買ってダウンロードしたらあっという間にメモリがパンクしてしまったモンだから、iPad mini4の128GBに泣く泣く買い換えたワケですcrying まあでも、すっかり気が大きくなってしまって、昔買ってて引っ越しの度に泣く泣く捨てたマンガをe-Bookで買いあさりまして、、、coldsweats01 なんか、学生時代に戻ったみたいな気分で充実した日々を送っていますcoldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/18/2016

懐かしのマンガ♪-1

ぢつをゆーと、ワタシもコドモの頃は【マンガ・バカ】と言われてたくらい大のマンガ好きでして、、、マンガばっか読んでちーーーっとも勉強しなかったモンですから、出来のイイ兄貴と違ってぜーんぜんお勉強の出来ないボンクラなコドモだったんですよねえ・・・sweat02 だーから、テレビアニメを観ては親からテレビのスイッチを切られるし、マンガを買っては親に片っ端から捨てられるし、マンガを書いては親に片っ端から破り捨てられるしで、とにかくマンガに関しては親からキチガイみたいに怒られましたから、よくぞ親からこんな仕打ちを受けてもグレなかったモンだと我ながら感心しているぐらいですannoy そんなんで、学生時代は同人誌を作ったり、漫画家さんのアシスタントに行ったりして大学4年間を過ごしたんですが、、、いつしか会社人間になってしまって、マンガにとち狂った日々も遠い遠い過去になってしまったワケですcoldsweats01

そんで、ひょんなコトからe-bookで『ゴルゴ13』シリーズを買って以来、ネットマンガにハマってしまいまして、、、coldsweats01 先日『エースを狙え!』を買いましたcoldsweats01 1973年~1975年、1978年~1980年まで『週刊マーガレット』で連載されてて、コドモの頃、断片的に読んだのは読んだんですが、、、なんせ週マですから小学生のお小遣いで毎週買って読めるワケでもなく、すごーく面白い話で続きを読みたかったのにそんな状態でしたから、フラストレーションは溜まるわで、ところどころストーリーの記憶が飛んでんですよねgawk だーからe-bookで一気にネット購入して、帰りの電車の中でずっと読んでたワケですcoldsweats01

・・・で、そーゆー話だったのか!!coldsweats02 と、想像は付くんですが、、、まあ、ごくフツーの、いわゆる「スポ根サクセスストーリー」なんですが、飽きさせない話なんですよね。e-bookで全18巻。この壮大なストーリーをどうやって終わらすんだ???って思いながら読み進めたんですが、、、岡ひろみが世界へ羽ばたこうとする、いわゆるウィンブルドンを目指す!!とゆーところで終わってるんですよねgawk うーん、、、コレで終わりなの???gawk とゆーのが率直な感想でして、、、もっと続きが読みたーい!!bearing ひろみを取り巻く人間ドラマも消化不良だし、せめてウィンブルドンで優勝するまで描いてよーっ!!bearing そりゃー『ゴルゴ13』や『ドカベン』みたいに何十巻、何百巻と描き続けろとは言いませんが、ストーリーの味付けがイイだけに中途半端な終わり方で、コレまたフラストレーションが溜まってしまいましたgawk 願わくば続きを描いて欲しいんですが、、、作者の山本鈴美香、宗教の道に入ってしまって今や教祖様らしく、続きが描かれるコトは永遠になさそうです・・・gawk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2013

東京都写真美術館に行ってきました♪

今日はお天気もヒジョーにヨカッタので、ちょっと足を伸ばして御徒町のアーンドラキッチンへドーサランチを食べに行きましたhappy01 いやーとにかく、ココのドーサって、絶品なんですよ!!lovely 米粉のクレープなんですが、ココナッツチャツネも絶品で、、、他のお店だとやたらしょっぱかったりするんですが、ココは何度行っても飽きないですhappy02 そんなんで、たらふく食って満腹になって、ソレから恵比寿ガーデンプレイス近くにある東京都写真美術館の『夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史~北海道・東北編』&『アーウィン・ブルーメンフェルド~美の秘密展』と、ハシゴして行ってきましたcatface

幕末の開国と共に欧米から写真技術がもたらされた結果、日本人の写真師が次々と育っていきまして、近代日本史の教科書に載っている写真等は彼らによって撮影されました。ちょうどチケットの写真が新撰組の土方歳三だったせいか、お客さんの数がすごかったですねcoldsweats01 幕末~明治期の古いポートレートがたくさん飾られている一方、磐梯山の噴火災害記録や明治三陸津波の災害記録も展示されてまして、、、これらは非常に貴重な映像記録ですthink

ちなみに、アーウィン・ブルーメンフェルドはご存じ、二度の世界大戦を経てドイツからアメリカに亡命した写真家で、ファッションポートレートで一世を風靡し、1950年代のアメリカのヴォーグ誌を飾った写真家ですshine ヨーロッパ各国~アメリカに作品が散逸していたらしく、それを今回集約しての展示会だったせいか、欧米系外国人の見学者も多かったですね。まあでも、ウチのママンは若かりし頃アメリカ文化に憧れていたヒトなんですが、きっとこんなヴォーグ誌なんかからも影響を受けたんでしょうねcatface

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/01/2012

操上和美~時のポートレイト

今日は午前中は所用で羽田空港まで行ってきまして、ソレから恵比寿ガーデンプレイス近くにある東京都写真美術館操上和美展に行ってきましたcatface CM作品等で有名なヒトらしいんですが、作品を見て「ああ、どっかで見たな~」とか「あの作品か~」ってナットクするけど、あまりこのテのヒト達って、表に出ませんよね???ちょっとした摩訶不思議な世界を堪能してまいりましたcatface

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧