アートな人生

05/01/2018

『スパルタカス』全巻観ました(´;ω;`)

いやー・・・GW初日からさっそく『スパルタカス』全巻ぶっ通しで観ましたwobbly But、その前に家の中が散らかってたのでちょっと掃除をしたんで、VLCをインストールしてすぐ観たワケぢゃないんですよねsweat02天気が悪いと掃除とかやる気が出ないし、掃除洗濯炊事ネコの世話等、家の中のコトを一通り済ませてから観始めましたdash そんで、1話×55分で1巻が全13話、2巻が全10話、3巻が全10話でしょ??土曜日午後から観始めて、一晩徹夜して眠眠打破2本空けて、その間フロにも入らずメシも食わず(時々カロリー補給しましたが^^;)、肩とか腰が痛くなってモーラステープを貼って、ネコトイレが臭い始めたらソレを片付けたりしながら2巻までぶっ通しで観て、、、さすがに日曜日夜9時過ぎたら眠気に勝てなくなってきたので一旦寝て、ソレからまた朝8時におきてネコのフン取りしたりご飯あげたりしながら3巻まで全巻コンプリート!!punch まるで学生時代のような生活をしてましたcoldsweats01 テーマ曲が耳について離れないし、脳ミソの中身はすっかり古代ローマ一色ですcoldsweats01 あーんど、腰が痛くて立ち上がるとふらふらで目まいまでして、さすがにゾンビのようになってしまいましたcoldsweats01

4月7日のブログ上でも書いたんですが、YouTubeでちらっと見て以来、買おうかどうしようか悶々としてたんだけど、アメリカ在住の友人S超オススメのDVDで「この時代に興味があれば絶対観るべき!!」とゆー力強いアドバイスをもあって、思い切ってAmazonで全巻買ったワケですcoldsweats01 しかーし!!ワタシの性格上、この手のヤツって一度見始めたら絶対途中でやめられなくなるので、GWが来るのを首を長~くして待ってましたcoldsweats01 ちなみに、この友人Sってアメリカのガッコでセンセイやってるよーな賢いヤツなんだけど、変にカッコつけないところがイインですよcatface どう観ても退屈で面白くないにもかかわらず、やたら「哲学的だ」とか「人生が凝縮されている」とかナントカ言ってもてはやされてる作品ってあるでしょ?? そんなワケの分からんコトを言わず、おもしろいモノは「おもしろい」、つまらんモノは「つまらん」ってストレートに言うしcatface ワタシも単純な人間だから、作品が「おもしろい」なら最後まで読んだり観たりするし、「つまらん」かったら時間のムダだから途中でやめるしcatface まあでも、『スパルタカス』はR18指定でして、作品自体はエロ&暴力シーンが多々あるので、ソレがダメなヒトにはオススメしませんsweat02 

話が横道に逸れましたが、『スパルタカス』全巻通して観た感想はとゆーと、うーん、、、決して心地良い話ではないですgawk 実話だから、最後に勝利を挙げて「ああよかった!!」って話ぢゃないんですよねgawk スパルタカスは実在の人物ですし、ラストは全滅だって分かっていたから結末はある程度予測していたけど、コレが当時の社会の現実なんですよねgawk 『タイタニック』の時はあまりの理不尽さに怒りしか沸かんかったけど、まあそのときに近い感情もあるかな??友人Sは「自分がアメリカで置かれている境遇と重ね合わせて涙が止まらなかった」という感想を聞かせてくれましたが、ワタシ個人は、誰かが犠牲にならないと道は開けないのか??と悶々と気が滅入ってしまいましたgawk ラストの、クラッススに愛された奴隷女性の磔シーンは理不尽すぎて泣けましたよcrying まあでも、最後の最後に少しだけ生き残ったヒトもいて、ソレだけは救いかな??DVDを観る前にスパルタカスの生きた時代と彼のバックグラウンドをずいぶん調べたんですが、スパルタカスって偉大な犠牲者だったんだって認識しましたね。古代ローマ人はスパルタカスを「ローマの敵」と見ていたけど、時代が下るにつれカール・マルクスといった社会主義者や共産主義者から高く評価されるようになって、「抑圧からの解放を求める労働者階級」の象徴となったんだそうです。しかも、捕虜にしたローマ市民を殺さなかったり、略奪品を平等に分配したあたりも(当時の価値観とは遠くかけ離れた)超近代的な思想の持ち主だったんだなあと驚くばかりです。

まあ、「スパルタカスの乱」は高校世界史でちらっと勉強した記憶はありまして、古代ローマ史における「第三次奴隷戦争」ぐらいにしか捉えていなかったんですが、この事件をキッカケにローマ社会が変質していったんだなーって今さらながら気づくワケです(;´・ω・)そういう意味では、スパルタカスの乱以後は奴隷に対する扱いも大幅改善されたんですよね。彼が蜂起しなければ奴隷は一生牛馬のような扱いのままだっただろうし、奴隷が家族や財産を持てるようにもなれなかったんだろうなって。「奴隷」とは言いつつ、その意味合いも「Slave」から「Servant」「Worker」に変わってきたので、貧乏な自由人より富豪に雇われている奴隷のほうが、よっぽどいい生活が出来るようになっていくんですよね。優秀なギリシャ人奴隷は殆ど「Officer」「Teacher」扱いだったし。そんで、スパルタカスの死後しばらくした頃から、解放奴隷が新興富豪としてのし上がってきて、落ちぶれた名家を凌ぐようになってくワケです。ちょうどヴェスヴィオス火山の噴火でポンペイが滅亡する頃って、新興富豪誕生のピークのような時代なんですよね。(ちなみに、R.ハリスの『ポンペイの四日間』は強欲な富豪(解放奴隷)vsローマのまじめな水道官&富豪の娘と恋に落ちる話ですcatface

そんなこんなで、『スパルタカス』の主人公がイケメンだってのもあって、とっても同情してしまいます。あと百年ほど時代が下っていたら、コロッセウムのスーパースターとして人気と栄光を富を一身に集めたんだろうなって思ってしまうわけで。ポンペイには何人か、若い女性達を熱狂させたアイドル剣闘士達がいたようですしlovelylovelylovely 死と隣り合わせの彼らに対して、エロスとタナトスを感じていたんでしょうか??ヴェスヴィオス火山の噴火の際、剣闘士宿舎にNAZEか着飾った富豪の女性の遺体が一緒に見つかってて、、、お気に入りの剣闘士だったらしく、一緒に火山に埋もれて死んでたそうですshock 苦しく不幸な時代に生まれて死んでいったスパルタカス等奴隷剣闘士達ですが、彼らがもっと良い時代に生まれ変わっていることを願うばかりです。一方で、ヴェスヴィオス山に立てこもっている時につくづく噴火しなくてよかったなぁと思ったり、、、ヴェスヴィオス火山の噴火って、たぶんセント・へレンズ火山の噴火並みの規模だっただろうから、山が吹っ飛んだら歴史もへったくれもないしねsweat02

・・・で、スパルタカス役をやっていたAndy Whitfieldですが、残念ながら悪性リンパ腫で亡くなってしまったんですよねweep そんな事情があったからなのかは定かではないんですが、彼の演技には憂いというか、どことなく死を目前にしたはかなさを感じるというか、ものすごい悲壮感が漂ってるんですよねweep 2作目に入る前に、彼の回復を待って違う作品が作られたぐらいですから、周りの制作スタッフもさぞかし残念だっただろうなあとweep ワタシも個人的には1作目のAndy Whitfieldの方が好みなので彼に全作スパルタカス役を続けて欲しかったんだけどねえweep 2作目と3作目はLiam McIntyreが役をやってまして、、、ちょっと美形タイプの俳優さんなので、そっちのほうが好みってヒトが案外多いのかも??catface But、ちょっとGeorge Clooneyをほーふつさせる暑苦しさなので、ワタシはちょっとニガテですcoldsweats01 やっぱし、しょうゆ顔のAndy Whitfieldのほうがイイですねlovely ちなみに、『ゴッドアーミー/悪の天使』、『ディアボロス』、『コンスタンティン』みたいな、天使と魔界をモチーフにした作品が昔から好きでけっこーよく観るんですが、『シャドウ・ワールド』に少し若いAndy Whitfieldが主人公の天使ガブリエル役で出てまして、故人となってしまった現在では貴重な作品ですshine

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2018

『スパルタカス』全巻買っちゃいました(;´・ω・)

Spartacus: Blood and Sand』1~3シリーズ、全巻Amazonで買っちゃいましたcoldsweats01 アメリカのStarzのテレビシリーズなんだけど、Youtubeでちらっと見かけて以来、DVDを買おうかどうしようか、ずっと悶々としてたんですが、、、ちょうど今、友人Sとメールのやりとりしてて「面白いから絶対見るべきだ!!」と強く勧められまして、、、感動のシーンとか感想を英語で延々と書かれてまして、友人Sの熱の入れっぷりがよく分かりましたcoldsweats01 しかーし、、、観るのはいいが、見始めたら絶対途中でやめられないタイプなので、GWに寝ナシで観る予定ですnight ちなみに、1作目の主人公スパルタカス役をやったAndy Whitfieldですが、役がハマっててかっこええなぁlovely と思っていたら、悪性リンパ腫で40才足らずで亡くなってしまったそうなweep 2作目、3作目はLiam McIntyreが演じています。ちょっと甘めでワイルドさに欠けるかな??って思ったんですが、友人S曰く、物語にはあまり関係ないそうな・・・そんなこんなで、友人Sから課題図書をもらってはソレをくりあーしていますbleah

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2017

『レオナルド×ミケランジェロ展』に行ってきました♪

Img_0380今日はカイシャを午後休でオサラバして、三菱一号館美術館で今やっている『レオナルド×ミケランジェロ展』に行ってきましたhappy01 デッサンに特化した展示ってなかなか珍しいのと、割引券を持っていたのでずっと行こうと思ってたんですよねcatface 名作の基になった素描がメインで、ソレこそイタリアまで行かないとなかなか観られない展示が多かったですねwink 素描は芸術家のネタ帳・・・という解説が斬新で面白かったですflair あと、書簡もたくさん展示されてたんですが、、、残念ながらイタリア語は分からないので、ただ文字を観ただけでしたcrying

BTW、三菱一号館美術館、初めて行ったんですが、、、場所柄なんでしょうか??なんか、ハイソな感じのギャラリーが多かったですねえcoldsweats01 年配の夫婦をたくさん見かけるのはどこの美術館でも同じなんですが、、、ココの場合、純粋に絵が好きな感じではなく、お買い物のついでにって感じのヒトが多かったようなcoldsweats01 そんなんで、入り口はかーなり混んでたんですが、中のベンチは座り込む年配のヒトで満席で、作品自体は割とゆったり観れましたbleah あと、夏休みとゆーのもあって、中高生ぐらいの学生さんや親子連れも多かったですね。うーん、、、今度展示を観に行く時は、金曜日とか、カイシャ帰りの方が良いかもしれませんwink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2017

いつの間にか・・・

8月も4日になっていましたsweat02今日はせっかくの金曜日だし、美術館も割と遅くまで開いているので、帰りに三菱一号館美術館に寄って『レオナルド×ミケランジェロ展』を観て帰ろうと思っていたトコロ、「Himikoさん、月曜日午前中までこの資料作ってくれない?」と言われて、、、この金額、契約書見ないと作れねーぢゃん!!annoy とゆーコトで、ワタシのベルサ計画はあえなくオシャカとなりましてshock 結局、シゴトが終わってウチに帰ったのは9時過ぎでしたgawk うーん、、、今日はアートな気分だったのに、トホホな週末になってしまいましたgawk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/22/2017

『アルチンボルド』展のチケットを入手いたしました♪

Img_0374_2上野の国立西洋美術館でやっている『アルチンボルド』展については、先日ココのブログでも紹介したんですが、この無料観覧券を入手いたしましたhappy02shine カイシャの後輩のお兄さんがマスコミ関係のオシゴトだそうな・・・その関係で3枚げっとしたそうで、1枚をワタシにくれましたhappy02shine うーん、、、いつ行こうかな??こないだ買った『ベルギー奇想の系譜』展の分も含めて、今、展示会のチケットが3枚あるので、どれから行こうか、悩ましい日々ですcatface

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/25/2017

『ベルギー奇想の系譜』展について

久々にBunkamuraザ・ミュージアムの展覧会情報をチェックしたら、何というタイミング!!flair 『ベルギー奇想の系譜』展とゆーことで、こっちでも7月15日~9月24日までヒエロニムス・ボッシュ、ピーター・ブリューゲル、ルーベンスを始め、ルネ・マグリット、ジェームズ・アンソールの作品まで展示されるとのことshine さっそく、前売り券をげっとですfuji 以前Bunkamuraに『ブリューゲル版画の世界』展を観に行ったんですが、その時に観た作品もあるようで、今から楽しみですwink ちなみに今、東京都美術館でブリューゲルの『バベルの塔』展をやっていますから、作品を借りての開催なんでしょうか??国立西洋美術館の『アルチンボルド』展の後には、Bunkamuraで年明けに『神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』が開催される予定で、そこにもアルチンボルドの絵が展示される予定ですから、ひとつの展覧会が行われると、その中の幾つかの作品を別の美術館が借りるのかもしれませんねcatface まあでも、Bunkamuraはブリューゲルの展示に熱心なのか、頻繁に企画されるのでありがたい限りですshine

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/24/2017

『アルチンボルド』展について

季節外れのインフルエンザの影響なのか、セキやタンが残ってすっきりしなくて、なーんかまだまだイマイチ本調子になれず、先週一週間はぐーたら過ごしてしまったんですが、、、ボーナスも出たし、少しは元気に美術館通いでもしようかと思っていますshine まあでも、ボーナスも昔は考え無しに使い込んでいたんですが、最近は不意の出費が多いんですよねえ・・・gawk いつだったかは真冬にガス給湯器が壊れてお湯が出なくなったり、去年の今頃の歯のトラブルぢゃ、治療後に高額医療費の請求が来て冬のボーナスが半分近く飛んだしcrying そんなこんなで、できるだけ貯金に回すようにしていますgawk

BTW、先日上野の東京都美術館まで『バベルの塔』展を観に行った時に、国立西洋美術館前で『アルチンボルド』展の案内を見かけたんですよね。たぶん、高校の美術の教科書なんかでご存じのヒトも多いと思うんですが、ジュゼッペ・アルチンボルドはハプスブルグの宮廷画家にもかかわらず、野菜や果物、オサカナでお偉いさんの肖像画を描いた、風変わりな画家ですcoldsweats01 その奇想天外な創作力には驚くばかりですが、日本の浮世絵画家・歌川国芳の寄せ絵(だまし絵)に通ずるところがありますよね??coldsweats01 まあ、9月24日まで展示されているので、近々どっかのタイミングで観に行こうかと思っていますwink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/09/2017

ブリューゲル『バベルの塔』展に行ってきました!!(o゜▽゜)o

Img_0362正式には、『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展』なんですが、コレを観に行ってきました!!happy02 いや~美術展でBlogを書くのはホントに久々なんですよね。行きたいのはいろいろあったんだけど、なんだかんだでずっとスルーせざるを得なかったんだけど、ブリューゲルはワタシの大好きな画家の一人ですし、前回はBunkamuraに観に行ったんですが、今回は「バベルの塔」が来日するしぃぃ、コレだけは絶対観たかったんですよね!!happy02shine そんなんで今日はカイシャを午後休にして、上野公園にあるの東京都美術館まで行ってきましたhappy01 いやーしかし、久しぶりすぎて道を間違ってしまって、東京国立博物館の方に行ってしまったんですよねえ・・・coldsweats01 まあでも、こちらでは秋から大々的に運慶展をやるらしく、なんかスゴいのがいっぱい展示されるようで、京都・奈良の彫刻に興味のある方は必見ですね!!fuji

まあ、ソレはさておいて、だいたい何が展示されるかは分かっていたので、ヒエロニムス・ボッシュピーター・ブリューゲル1世の作品だけを狙い撃ちで観て、あとはさーっと流し観してきました。とゆーのも、作品保護のために照明を落としてあるから薄暗いし、しかも視力が悪いからじっくり見ると疲れてくるんですよねgawk だーから、どうしても見落としたくない作品に集中せざるを得ないワケですgawk あと、観ることをメインにしているので音声ガイドはナシ。 ワタシは器用な人間ぢゃないので、聞くことに夢中になって観ることがおざなりになってしまうんですよねgawk そんなんで、ただひたすら観てきたワケですshine ボッシュの作品「放浪者(行商人)」ですが、Wikipediaには「放蕩息子」と記されています。ブリューゲル作品は「聖アントニウスの誘惑」、「大きな魚は小さな魚を食う」と云った有名どころが展示されてて見応えありましたよshine

もともと聖書をテーマに描いた西洋絵画には関心がありますし、中でもボッシュやピーター・ブリューゲル、 グリューネヴァルト、フュッスリ、ルカ・シニョレッリみたく、聖書をテーマにした地獄絵や魔物絵が好きなんですよねcoldsweats01 あーんど、大トリは「バベルの塔」です!!happy02shine 巨大な作品かと思いきや、案外小さな作品だったので意外でした。精密に描かれていまして、ギャラリーも思ったほど多くなくてじっくり堪能出来ましたfuji 芸大の拡大模写作品が置いてありまして、ソレを観てからまたホンモノに戻って観て・・・みたいに、繰り返し観て細部を堪能することもできましたhappy01 まあ、平日の昼間ということもあって思ったほど混んでなく、窓口でチケット買った時も殆ど待たずに買えたし、中に入ったら混みすぎて見えないってコトもなかったし、観たかった作品は近くで堪能出来たので概ね満足ですhappy01 フェルメールを観に行った時はエライ混雑でしたからねえ・・・gawk 

 Img_0363まあ、フェルメール作品やオルセー美術館展は日本でも大人気でしたからねえsweat02ソレに比べるとヒエロニムス・ボッシュやブリューゲルは少しマイナーなのかもしれませんcatface あーんど、オミヤゲにキャラメルを買ってきましたcoldsweats01 なんか、売り子のオネーサンに、「こんなに可愛いシールが当たったんですよwink」といって見せられたのは空飛ぶオサカナ・・・思わず、3コも買ってきてしまいましたsweat02まあ、何が当たるかはワカラナイので、ついでにバベルの塔マグネットも買ってきてしまいましたcoldsweats01 ホントはクリアフォルダーも欲しかったんですが、中身が見えないし使い勝手も悪そうだったので諦めましたgawk 空飛ぶオサカナの描かれているフツーのクリアフォルダーがあったらヨカッタのになあgawk ちなみに、東京での展示は7月2日までで、7月18日から大阪の国立国際美術館で展示されますから、興味のある方はぜひぜひwink 観る価値のある作品ばかりですwink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2017

一世を風靡したヒーローと云えば、、、

「007」ボンド役の英俳優ロジャー・ムーア氏死去-89歳
ジェームズ・ボンド役で人気、ロジャー・ムーア氏死去
安らかに眠れ007、ロジャー・ムーアさんが死去

ロジャー・ムーアって、ジェームズ・ボンド役で一世を風靡したヒーローでしたねえshine まあ、ワタシも洋画好きのオヤジの影響で、コドモの頃からけっこーいろんな洋画を見まして、劇場で観た『タワーリング・インフェルノ』は未だトラウマになってるんですよねgawk まあ、ダーティ・ハリーなんかも、小学校低学年には理解し難い映画だったんですが、小学校高学年になってくると面白さが分かるようになりまして、、、ダーティ・ハリーシリーズの他にも、「007」ジェームズ・ボンドシリーズはよく観ましたっけ・・・catface ちょうどワタシが洋画にハマり始めた時期とピッタシなんですよねcatface だーから、ジェームズ・ボンドと云えば、R.ムーアがイチバンしっくりくるんですよねcatface R.ムーア最後の007が1985年の『美しき獲物たち』で、曲はDuran Duranの『A View to a Killshine こりゃーもう、ホンマにワタシの青春ですわ!!fujishine その次作『リビング・デイライツ』からボンド役がティモシー・ダルトンに変わるんですが、この時の曲はa-haの『The Living Daylights』でして、、、a-haもまた、ワタシの青春時代を彩った洋楽グループですwink しかーし、、、R.ムーアは89才だったのかぁ・・・gawk ショーン・コネリーより年上だったとは、、、ご冥福をお祈りいたしますthink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2017

懐かしのマンガと独り言

e-Bookで昔のマンガを買うのにハマって、ソレまで使ってたiPad miniの容量がたった16GBしかなかったのでshock、去年5月にiPad mini4(128GB)に泣く泣く買い換えたとゆーcrying、我ながらあまりにもバカすぎる話ですが、、、まあ、あれから快適なマンガ生活を送ってましてcoldsweats01、『パタリロ!』、『エリア88』、『超人ロック』、『CITY HUNTER』、『ブラック・ジャック』、『火の鳥』、『エコエコアザラク』、『恐怖新聞』、『陰陽師』シリーズに『孔雀王』シリーズ、『悪魔の花嫁』ナドナド・・・まあ、多少は今でもコミックス版で手放さずに持ってはいるものの、コドモ時代~学生時代のコレクションを引っ越しの度に泣く泣く手放したんで、長い空白の時を経て今また電子版で再収集しているようなカンジですcoldsweats01 ちなみに、心残りなのが『ドカベン』や『野球狂の詩』を始めとする水島新司作品でして、、、コレは未だ本人が版権を手放していないらしく、なかなか電子化されていないのが残念ですcrying

BTW、カイシャのセンパイで『エースをねらえ!』、『ベルサイユのばら』、『エロイカより愛をこめて』(以下、エロイカ)、『はいからさんが通る』にハマったヒトがけっこーいまして、、、ちょうどワタシより5~7才上のヒト達なんですよねbleah まあ、絵柄も典型的な耽美系ですなcoldsweats01 彼女達は兄貴と同世代~ちょっと上の年代ですから、彼女達に比べるとワタシが同時期にハマったマンガはちょっとお子ちゃまとゆーか、どちらかとゆーと少年マンガ&少年マンガっぽいのが多かったんですよねcoldsweats01 あーんど、やおい系(男性同士の同性愛)マンガにはキョーミなかったんで、竹宮恵子作品で『地球へ・・・』や『ファラオの墓』は好きだったけど、『風と木の詩』は全然読まなかったしcoldsweats01 まあ、パタリロもエロイカもやおい系と云えばそうなんだけど、パタリロは兄貴に勧められてられて読み始めたんですよねcoldsweats01 兄貴は当時大学浪人ちうの受験生だったから、ついにアタマがおかしくなったのか??って、真面目に心配したくらいですsweat02そんなこんなで、ワタシもコドモの頃はいろんなマンガを読むのに忙しかったからエロイカまで手が回らなかったんだけど、センパイのオススメもあって改めてe-Bookで買って読んでみたワケですcatface

うーん、、、話のカンジがちょっとパタリロに似てるのかなー??とゆーのが、第一印象でして、、、まあでも、パタリロの『花とゆめ』連載は1978年だし、エロイカの第1巻は昭和53年発行だから、ほぼ同時代flair 年代的に考えると、東西冷戦下のスパイ物が流行った時代でもあるのかなあとcatface ワタシがコドモの時からパタリロを読んでるからそんな印象を受けたのかもしれませんcatface そんで、エロイカの絵柄は最初の1、2巻はかーなりオールドファッションな絵柄なんですケド、次第にコドモ時代によく見かけたカッコイイ絵柄に洗練されていくんですが、ストーリーも面白いので、この頃に読んでいたら間違いなくファンになってたでしょうねshine そんで、昭和63年に19巻が発行されて、20巻の発行がなんと平成8年なんですよねcoldsweats02 この間、10年近くブランクがあるんですけど、、、ちょうど1989~1991年ってベルリンの壁崩壊~東ヨーロッパの民主化~ソ連消滅とゆーことで、社会科の授業を恨みたくなるほど世界史&現代史が大きく動いた時代でしてtyphoon ストーリーをどう持っていくべきか、エロイカに限らず、このテの作品を描いていた作者にとってはいろんな意味で悩ましい時代だったと思います。

エロイカもこの10年近いブランクで絵柄が少しづつ変化していって、直近の39巻になると平成24年発行なんですけど、すっかり絵柄が変わってるんですよねgawk うーん、、、やっぱし、耽美系だった絵柄の頃が好きだなあgawk だから、個人的には19巻で終わっていたほうがイメージが保てて良かった気がするんですよねgawk 作者の年齢を考えると、マンガ家は激務だからやっぱし若い頃のような勢いで作品を描き続けるのは無理があるのかな??gawk 『ゴルゴ13』の作者はもはやワタシの親の年代なんですがcoldsweats01プロダクションがしっかりしているので絵柄があまり変わってないんですけど、一人で長い間描き続けてるマンガ家ってどうしても絵柄が変わってきてますよね??そういう意味では、『悪魔の花嫁』の作者はイメージを崩さず頑張ってるなーって・・・初期の頃よりむしろ今の絵柄の方が洗練されてて好みですねcatface まあ、仕事のペースは落としているのかもしれませんが。作者も人間ですから、一人の人間が描き続けるというのは難しいのかもしれませんが、思い出のマンガはずっと色あせないで欲しいなあとcatface なんか、今日はヒマでぐだぐだ書いてしまいましたが、ファンは自分勝手なことを願うのでありましたcatface

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧