ココロの音楽

05/18/2018

小学校の思い出と西城秀樹

歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット

うーん、、、西城秀樹の訃報にはかーなりびっくりでしたね 63才だなんて、早すぎますねえ・・・ いろんな世代に思い出を残していったようですが、ワタシにとっては小学校時代を彩ったアイドルとゆーか、ワタシの周りぢゃ、かーなりファンが多かったですよ。黒柳徹子の「ザ・ベストテン」も常連だったし、「ザ・ベストテン」を観なきゃ学校の話題について行けない時代でしたから、いつもクラスの女の子達の話題に上ってましたね。

ぢつのところ、ワタシはマンガっ子でしたから別にファンぢゃなかったし、芸能人も無関心だったんですよね But、「ザ・ベストテン」を観なきゃハミにされた時代ですから、あの頃は親に怒られながら観たくもない歌番をイヤイヤ観てましたよ そんで「ヤングマン(YMCA)」の歌、同級生に一緒に踊らされたことは、ワタシにとってちょっとした黒歴史とゆーか、けっこーなトラウマです まあでも、ホントに一時代を築いたアイドルでしたよね

で、脳梗塞で倒れてリハビリに励んでいたとのことですが、今朝のニュースでインタビューがちらっと流れてきて、「青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方である。好奇心を持ち続ける限り青春時代なんだ」旨を話してて、サムエル・ウルマンの『青春とは、心の若さである。』を思い出しました。まさにその言葉どおりですよね。ヒデキも影響されてたのかな??見た目が老いていくのはやむを得ないけど、精神は老いたくないなーって思うんですが、、、精神が老いていくって、理想や好奇心を失ってしまうことなんでしょうね。

ご冥福をお祈りいたします。

|

08/14/2017

ミス・ブランニュー・ディ

いやー・・・今日は電車、ガラ空きでしたねえ・・・ いつもこうだといいんですが ちなみに、せっかくの三連休でしたが、久々にDVD三昧でぐーたら過ごしてしまいました まあでも、梅雨が逆戻りしたみたいで、今週もずっと天気が悪くてちょっと夏らしくないですね せっかくの夏ですから、多少暑くても夏らしくカラッと晴れて欲しいモンです

BTW、久々にサザンオールスターズの『人気者で行こう』を聴きました やっぱし、サザンはいいですねえ・・・息が長いグループで、確かワタシが小学校の時にでびゅーしたんぢゃなかったっけ?? 数多いサザンのアルバムの中で、ワタシはこの『人気者で行こう』が好きだったので、コレだけはCDで持ってまして、、、まあ、他にもいっぱいいい曲があると思うんですが、ちょうど受験を終えて学生になって上京したての頃に聴いたので、いろいろと思い出深いんですよね

そんで、このアルバムの中でも、『ミス・ブランニュー・ディ』って歌が特に流行りましたけど、当時の風刺なんですよね ワタシの学生時代はバブル全盛期でしたから、この歌を地で行くような女子大生がウチの大学も含めていっぱいいましたっけ・・・ まあ、ワタシ個人はこのテの女子大生からずいぶんかけ離れた学生生活を送ってましたけどね ホント、いろんな面で懐かしい歌です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2017

心機一転♪

4月になりましたし、心機一転♪なんとなく気分を明るくしたいなーと思って、TRFglobe広瀬香美と云った、1990年代に一世を風靡したJ-popをダウンロードしてみました TRFは『BOY MEETS GIRL』に『CRAZY GONNA CRAZY』でしょ??globeはやっぱし『DEPARTURES』でしょ??広瀬香美はやっぱし『ロマンスの神様』に『幸せをつかみたい』でしょ??まあ、広瀬香美はちょっと違うんですけど、アルペンのCMでおなじみですよね??ぜーんぶ当時大流行した曲ばかりです まあでも、なんだかんだ云ってワタシもミーハーでしたから、いろいろ聴いたんですよね 学生の頃TM Networkにハマってましたから、小室哲哉よく聴いてたんですが、TRFとglobeは小室哲哉がプロデュースしたグループですから、ホントにこの頃の小室哲哉は才能溢れてましたね まあ、1990年代って、バブルがはじけて世の中全体がシュリンクした時代ではあるんですが、いろいろと元気なJ-popが流行った時代でしたね しかーし、、、TRFのメンバーや広瀬香美、未だに若々しいですよねえ ワタシも見習って頑張ってダイエットに励まねば

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/22/2017

Good Heart

いや~今日の花粉症は堪えましたねえ・・・ 思いっきり目にきまして、一日中目が痒くて目を掻いては目薬を差して、、、の繰り返しでした そんで、ヒトが動く度に花粉が動くのか、マスクを外すとクシャミがでるんですよね そんなこんなで一日中マスクが外せず、、、幸い、ヒノキの花粉症はないので、なんかもう3月はいらないから早く4月半ばになって、スギ花粉が終息する時期が来て欲しいモンです

BTW、【ココロの音楽】とゆーカテゴリーで、自分の好きな曲を身勝手に紹介しているんですけど、、、ワタシの場合、兄貴の影響でもっと古いのも聴いてたんですけど、だいたいは1980年代の洋楽に固まってるんですよね まあ、いわゆる洋楽全盛期なんですが、その中でも好きなグループのひとつがStarshipでした 当時の流行曲は『The Best Of Starship』を聴くと手っ取り早いんですけど、その中でも『Good Heart』が大好きだったんですよねSara』や『Nothing's Gonna Stop Us Now』といったヒット曲に隠れて目立たなかったんですけど、なかなかの名曲です

まあでも、未だにこーゆー曲ばかり聴いてるワタシって、だんだん昔人間になりつつあるのかなー???って思ってしまうんですが、時を経てもイイモノはイイのです “Goodness I miss the 80's.  I want to live in 1986 forever.”とゆーコメントをYouTubeで見つけたんですが、まさにその通りですね 当時はバブル全盛の頃で大学入って上京してきたばかりの頃でしたから、ワタシ自身、当時の音楽を通じて若かりし自分を懐かしんでいるのかもしれません まあでも、『Good Heart』は分かりやすくて元気が出る歌詞ですよ ぜひ聴いてみてくださいまし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/02/2017

コドモ時代の古き良き思い出

ムッシュかまやつさん死去 昨年肝臓がん公表、78歳

ムッシュかまやつ(かまやつひろし)さん死去のニュースが・・・ また、ワタシにとって思い出の歌手が亡くなられました とゆーより、殆どコドモの頃の思い出なんですが、、、『はじめ人間ギャートルズ』のエンディングに流れていた『やつらの足音のバラード』(園山俊二作詞・かまやつひろし作曲)です。このアニメが大好きで、毎週石のようにテレビにかじりついて観てましたっけ・・・ ワタシの素朴なコドモ時代を彩った、古き良きアニメです お勉強出来なくてガッコの成績が悪かったから「マンガばっかり見て」ってよく親に怒られましたけど気にしませんでしたね

「♪なんにもない~なんにもない~まったく~なんにもない♪」って歌詞がアタマの中をクルクル回ってるんですが、まさに、このマンガにこの歌ありき!!ってカンジですね 他にも、『我が良き友よ』といった有名な歌もあるんですが、なんせ1975年のヒット曲ですから歌詞の中に現在では死語になった言葉もあるんですケド、今でも聞く度に新鮮な響きを感じます そんでまた、ボサボサのロン毛にニット帽とゆー、見た目もアヤシゲなカンジでしたし 九州のイナカのコドモにはヒジョーにインパクトキョーレツでした

ちなみに、『はじめ人間ギャートルズ』は、大好きな作品のひとつだったんですが、、、残念ながら園山俊二氏は1993年に57才で亡くなられました。奇しくも、お二方とも肝臓がんだったんですね。改めてご冥福をお祈りいたします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/03/2017

I Must Go

明けましておめでとうございます とかナントカ言いながら、今日はもう正月三が日も終わって、明日からカイシャです 箱根駅伝も見終わって、気分はすっかりサザエさん症候群です まあ、自分の母校そっちのけで応援している順天堂大学も上位入賞しましたし、久しくシード常連校から見放されていた神奈川大学がシード校に戻ってきたので、今年はいいことあるかな?? そんで、箱根駅伝のテーマ曲といえば、Tommie Youngの『I Must Go』だったんだけど、ぢつは著作権上の問題で使えなくなったんだとか コドモの頃からずっとお馴染みの曲だったので、この時期になるとYoutubeで聞いています とゆーことで、今年もよろしくお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/26/2016

クリスマスが明けて・・・

Img_0351_2楽しかった(?)クリスマス三連休も終わり、世の中の一般ぴーぷると同様、今日から12月28日までオシゴトでして、、、今朝もフツーに通勤したところ、もう既にあちこちのビルで門松が飾られてましたねえ まあ、コレは三井住友銀行前で撮ったんですが、OAZOの前でも見かけましたし、あっという間に年末~お正月です そんなお正月気分の中、またまた自分の青春時代の象徴だった歌手が亡くなったとゆーニュースが入ってきました

元「ワム!」の英歌手ジョージ・マイケルさん死去、53歳

ご存じ、「Last Christmas」はあまりにも有名すぎるんですが、うーん、、、ホントにラスト・クリスマスになってしまいましたねCareless Whisper」、「I'm Your Man」はよく聴きましたねえ・・・TVKで一晩中MTVを流していた時代が懐かしいです。今年はホントに、デヴィッド・ボウィーピート・バーンズにジョージ・マイケルと云った、ワタシにとって懐かしのアーティスト達が次々と逝去した一年でした ご冥福をお祈りいたします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/06/2016

Left Of Center

なんか、人気記事ランキングのトップに『A night in New York』があったので、ちょっとびっくりしてしまいました 意外とこの曲、人気あるのかな??関心を持って探されているのか定かではありませんが、分かるような気がします ありますよね??1曲だけで風のように消え去ったアーティストだったけど、何故か忘れられないって、、、GI Orangeの『Psychic Magic』とかArcadia (Duran Duran)の『Election Day』とか、言い出せばなんぼでもあるんですが、、、なんかもう、トシがバレバレですね まあでも、この季節になるとEnya、U2、Suzanne Vegaが聴きたくなるんですよね クリスマスイルミネーションを横目に、残業帰りに聴きながら歩くとなんだかホッとします

ちなみに、大学に入った頃、Suzanne Vegaにキチガイみたいにハマりまして、『Tom's Diner』、『Luka』とともに『Left Of Center』も大好きだった曲の一つです あと、『The Queen And The Soldier』は名曲ですねえ So beautiful, so sad... ってトコロですね やっぱし、歌詞も歌声も美しく、聴きやすいんですよね 英語のヒアリングに最適ですし 映画も音楽も、歌詞が明瞭で発音が美しくないと英語学習にならないって、友人Sが言ってたんだよね だーから、彼女に勧められてE.テイラーの『クレオパトラ』とか、1960年代の正統派ハリウッド映画をよく観た時期があります まあ、クレオパトラは長すぎて字幕がないと無理でしたけどね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/30/2016

あまりにも変わり果てた姿に思い出がぶっ飛んでしまいました(・∀・;)

今日はちょっと大がかりなお掃除をしようと思いつつ、なんだかお天気もすぐれなくてイマイチやる気が起きなかったんだよねえ まあでも、カーペットはネコの毛&ネコのゲロ&スプレーまみれだったし、カーテンもボロボロだったので、全部取り替えました。いつもこの時期になると安物買って一気に取り替えてるんですよね まあ、今の部署では年末年始はギリギリまでオシゴトに追われるので、週末毎に合間を見て少しづつお掃除しようかと思っています

デッド・オア・アライヴのピート・バーンズさん死去 57歳

懐かしいなあ・・・Dead or Aliveと云ったらバブル全盛期の象徴みたく、ディスコの定番ミュージックだったんだよねえ 風営法の影響もあって、今となってはディスコも死語ですね まあ、ワタシはディスコには行きませんでしたが、CDレンタルしてカセットテープでよく聴いていましたっけBrand New Lover』、『You Spin Me Round』、『Something In My House』、『Turn Around and Count 2 Ten』、どの曲もテンポ良くてノリノリでしたなあ But、Dead or Aliveのピート・バーンズ死去のニュースを聞いた時は、亡くなった事実以上に驚いたのが晩年の姿だったんですよね

ワタシが記憶している時代のピート・バーンズと、亡くなった時のピート・バーンズの顔があまりにもかけ離れすぎててぶっ飛んでしまいました 少女マンガの王子様みたいにカッコ良かったのに、何百回も不要な整形を繰り返していたとは!! たまにいますよね??傍から見たら全く整形なんて必要ないのに整形したがるヒトって、、、年を取って衰えていく容貌に対して恐怖を抱いていたのか??ワタシ自身の想像でしかないんですが、何らかの原因で精神的に参っていたのかもしれませんね その点、ビリー・アイドルは年を取ってゆく自分をそれなりに受け入れているような感じですね。まあでも、また一つバブル時代の思い出が消えたような気がしていますが、カッコ良かった姿だけを覚えておきたいですね。ご冥福をお祈りいたします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/13/2016

懐かしの音楽♪-4

学生時代、ワタシはすごーーーくREBECCAにハマりまして・・・コンサートとかがっつり行きましたよ まあ、実際のトコロ、コンサートは雰囲気をエンジョイするのが目的で、じっくりと歌に聴き入るのはやっぱしCDがメインでしたね そんなんで、当時のCDは新作が出る度に殆ど買ったんですけど、いつの間にか長い間聴かなくなってまして、、、そんで、久々に聴いてみたんですが、学生時代の思い出がいろいろと甦って懐かしくなりました 意外とファンタジックな歌も多くて、今聴いても新鮮ですね

蜃気楼
夢幻飛行(Live)
STEFANIE(Live)
結接蘭破接蘭(Live)
百萬弗コネクション(Live)
Blond Saurus
Little Rock
『イ・ノ・チ』 ← NOKKO
CRAZY CLOUDS
MOTOR DRIVE
LONELY BUTTERFLY

うーん、、、たいていの音楽はYouTubeにあるんだけど、『イ・ノ・チ』だけNAZEか著作権侵害で削除されているので、AmazonのNOKKO’S SELECTION,NOKKO’S BEST Original recording remasteredのディスク:2の8番目に触りの部分が収録されているので、ぜひ聴いてみてくださいね

| | Comments (0) | TrackBack (0)