« ふと甦った夏の思い出 | Main | 猛暑の週末は・・・ »

07/19/2018

夏だ!猛暑だ!ホラーだ!

・・・とゆーコトで、友人Sに紹介してもらった小野不由美の『残穢』を読んで以来、自分のアタマの中で勝手に盛り上がっています 元々チョー怖がりの友人Sはホラーとか大の苦手で、「怖くて読めないから代わりにワタシに読んでくれ」って言われて、ソレで読み始めたんですよね。ところがコレ、メチャクチャ面白いんだよ!! やめられなくなって、何度か電車を乗り過ごしそうになりました Amazonの書評を読むと、「非常に怖い」って感想と、「ちっとも怖くない」っていう感想とが拮抗してるんですが、、、その差違には、若干のジェネレーションギャップと文化的相違があるのでは??って気がしました。所謂「古い日本家屋」に住んだコトのある人なら、このゾクゾク感が分かってもらえるのではないでしょうか?? キレイなマンション住まいしか経験がなければ、襖や障子や天井裏の感覚って、たぶん理解が難しいのではないかなあと。

まあ、ワタシは友人Sほどの怖がりではないので、ホラーをけっこーエンジョイしているんですが、、、小野不由美の文章表現、秀逸なんですよね。そのくせ重すぎないし。自分もこんな文章が書けたらいいなあと・・・ ファンタジーよりホラーの方が面白いと思ったんですが、、、なんか、こう、横溝正史に通ずるものがあるんですよね。横溝作品は推理小説ですが、なかなかホラーめいてますし。小学校5、6年生の時に夢中になって読みましたっけ ただ、書かれた時代が古くて戦後の混乱期だったりしますから、今ではDNA検査一本で全てが終わってしまうような気もしますが まあでも、あのおどろおどろしい雰囲気は天下一品ですね あーんど、ついでに『新耳袋―現代百物語』シリーズもこの夏、全巻セコハンで読破してみようと思っています

|

« ふと甦った夏の思い出 | Main | 猛暑の週末は・・・ »

アートな人生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夏だ!猛暑だ!ホラーだ!:

« ふと甦った夏の思い出 | Main | 猛暑の週末は・・・ »