« 久々の再会 | Main | 『ベルギー奇想の系譜』展について »

06/24/2017

『アルチンボルド』展について

季節外れのインフルエンザの影響なのか、セキやタンが残ってすっきりしなくて、なーんかまだまだイマイチ本調子になれず、先週一週間はぐーたら過ごしてしまったんですが、、、ボーナスも出たし、少しは元気に美術館通いでもしようかと思っています まあでも、ボーナスも昔は考え無しに使い込んでいたんですが、最近は不意の出費が多いんですよねえ・・・ いつだったかは真冬にガス給湯器が壊れてお湯が出なくなったり、去年の今頃の歯のトラブルぢゃ、治療後に高額医療費の請求が来て冬のボーナスが半分近く飛んだし そんなこんなで、できるだけ貯金に回すようにしています

BTW、先日上野の東京都美術館まで『バベルの塔』展を観に行った時に、国立西洋美術館前で『アルチンボルド』展の案内を見かけたんですよね。たぶん、高校の美術の教科書なんかでご存じのヒトも多いと思うんですが、ジュゼッペ・アルチンボルドはハプスブルグの宮廷画家にもかかわらず、野菜や果物、オサカナでお偉いさんの肖像画を描いた、風変わりな画家です その奇想天外な創作力には驚くばかりですが、日本の浮世絵画家・歌川国芳の寄せ絵(だまし絵)に通ずるところがありますよね?? まあ、9月24日まで展示されているので、近々どっかのタイミングで観に行こうかと思っています

|

« 久々の再会 | Main | 『ベルギー奇想の系譜』展について »

アートな人生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『アルチンボルド』展について:

« 久々の再会 | Main | 『ベルギー奇想の系譜』展について »