« 興味深い記事 | Main | 震災から6年が経ちました »

03/11/2017

あの日にまつわる、ネコに関するさまざまな思い出

2011年は愛玩動物飼養管理士1級の試験にパスし、いろいろと幸先の良いスタートを切ったんですよね。あの震災がなければ、週末はフツーにKatzenschauでMasterClerkをやっていたんですけど、その前日のつぶやきがコレでした。震災があってしばらくMasterClerkの予定が立てられなくなっていたんですが、幸い関西でMasterClerkをする機会があったモンですから、関西のクラブには本当に感謝しています その後、8月までかかったんですが、ようやくMasterClerkの資格が取れました

ちなみに、あの震災でキャンセルになったショーですが、けっこーいろんなヒトがいろんな予定を背負っていたんですよねワタシはMasterClerkがかかっていたから何としてでも帰りたかったし、ネコ友みーちゃんはLHトレーニーがかかっていたからキャンセルになって涙目だったし、某LH SPのジャッジさまは勤務先から自宅まで必死でヒールで歩いて帰ったと聞きましたまあでも、あのクラブには大変お世話になりまして、資格を取ったその後もMasterClerkとして雇っていただいたり、ガイジンジャッジのClerkに付かせていただいたり等々、ありがたかったです

BTW、ワタシんちでは震災前後にちらほら仔猫が生まれていたんですが、いろいろと思い出深いことがありまして、、、震災直後の確か3月13日だったと思うんですが、みーなちゃんがカメオの男の子を1匹生んで、その男の子がちょっと不思議なコだったんですよね。頻繁に余震が来てた時期だったんですが、家の中が揺れて大人のネコ達が大騒ぎしてるにもかかわらずそのコだけ我関せずでぼーっとしてたんですよね。なんとも肝の据わったボウヤだったんですが、どうして地震の揺れに動じなかったのか、今となっては謎です

あーんど、震災直前の3月9日にKちゃんが生まれまして、、、初のquality silverとゆーことでGRCを狙いたかったんですが、残念ながら性格上に問題があってショーを諦めたんですよね まあでも、6年の時を経てKちゃんの娘ゆりゆりがショーに出せるレベルに成長したのは感慨深いですね。Kちゃんは育児放棄するコで、お産の時は必ず乳母が必要だったんですが、ゆりゆりはKちゃんが初めて一人で育てたコでした。ゆりゆりには、おぶおお父さんやショーを諦めたKちゃんの分まで頑張ってもらう予定なんですが、、、当時のブログを見ると、どーやらゆりゆりの汚しっぷりはKちゃん譲りのようです

|

« 興味深い記事 | Main | 震災から6年が経ちました »

ウチのネコ達」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あの日にまつわる、ネコに関するさまざまな思い出:

« 興味深い記事 | Main | 震災から6年が経ちました »