« September 2014 | Main | November 2014 »

October 2014

10/26/2014

トホホな日々・・・

ここんところ口周りに吹き出物がたくさん出来てるコトに気がつきまして、、、 食物アレルギーはないハズなんだけどなあ??? って思いつつ、ネットで調べてみたら、原因はストレスやら胃の働きの低下やら云々って、全部当てはまるんだよねえ・・・ とりあえず、チョコラBBドリンクやらアリナミンVドリンクやらでビタミンBを補給してたら多少は改善されたんですが、根本的な原因の解決にはとーぶん時間が掛かりそうです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/19/2014

一つの時代が終わった感

女優の中川安奈さん死去 49歳 子宮体がんで
中川安奈さん急死…映画「敦煌」で女優デビュー、舞台中心に活躍
「敦煌」佐藤純彌監督が中川さん悼む ヒロインに抜てき「ずばぬけた印象が…」

えええーっ???ウソ・・・このヒト、亡くなったんや!? とゆーのがワタシの正直な感想でして、、、うーん・・・この女優さんの訃報に接して、自分の中では一つの時代が終わったような、そんな感覚です

映画「敦煌」について:カタい話を申しますと、1972年の日中国交正常化後、1980年代初頭からそれまで未知の領域だったシルクロードにNHKのテレビカメラが入って以来、我々ニッポン人の目の前に『シルクロード』という未知の世界が開けてきましたよね???当時、好奇心旺盛なコドモだったワタシもその一人でして、シルクロード本を随分読み漁りまして、その時に井上靖の『敦煌』も読みました。まあ、小中学生には難解な物語でしたけど、今にして思えばよくこんな難しい話を映画にしたなーって、、、もちろん、映画自体はあまり評判が芳しくなかったんですけどね

それでも、ロケ地が莫高窟を含めシルクロードだったとゆーコトで、上映当時はかなりの評判になりましたし、中でも、ウイグル王女役として悲劇のヒロインを演じた中川安奈さん、綺麗だなーって感動しましたね なんちゅーか、フツーの安物アイドルみたく世間に媚びない雰囲気と、ドイツ人のクオーターということもあって、正統派の異国風美人だったと思います。

そんなんで、「シルクロードにいつか行ってみたいな~」と思い続けて現在に至るなんですが、大学卒業後、なかなか行く機会に恵まれず、あーんど、残念ながら現在の『西域』と云われる地域の殆どはアフガニスタンやパキスタン、またはそれらの国々と隣接した、いわゆる紛争地帯ですので気軽にホイホイ旅行出来ないのが残念です 新疆ウイグル自治区も、ここ数年来ニュースで報道されているようにテロが頻発してますし、、、こんなコトならもう一度無理して学生時代にウルムチとかカシュガルを訪れておけばヨカッタとゆーのが正直な感想です

そんなこんなで、この映画が上映された当時を振り返ってみて、あの頃は自分の未来も可能性に満ちていていろいろとやりたいことがたくさんあったなー って、現在シゴトに追われる日々を振り返ってみては、こんなハズぢゃ、、、とガッカリしてしまうんですが、「人生は短い!!後悔する前にもう一度夢を追ってみよう!!」かと思う今日この頃です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/14/2014

台風19号のその後・・・

トンデモな台風だと大騒ぎだった台風19号ですが、我が家に近づいた頃は夜中に風が強いかな~?? 程度で、今日も何事もなかったかのようにカイシャに行ったんですが、、、週末のNHKはずっと台風情報やってましたし、いったいどーなるんだろ??? って思ってましたが、大して大きな被害が出なくて何よりですまあ、騒ぎ過ぎだという批判が一部あったようですが、被害は無い方がイイに決まってるんですよ。事前にちゃんと情報を流して準備して、何事もなくてああ良かったって、ホッとするほうがイイに決まってます。台風は地震と違って事前に予報が出ますから、予報を甘く見ないできちんと受け止めて、一人一人が少しでも被害を少なくする方向に対策を考えるべきだと思います

BTW、今回ずいぶん『スーパータイフーン』と騒がれましたが、日本上陸時に中心気圧が最も低かったのは、1961年の第2室戸台風が925hPa、1959年の伊勢湾台風が929hPa、その次が1993年の台風13号が930hPa。まあ、先の二つの台風の時はもちろんワタシは生まれてないんですが、1993年台風13号の時は、台風の中心がウチの実家を掠めまして、「家がグラグラする」と両親が言っていたのを覚えています幸い、台風の中心の東側だったのでそんなに被害は出なかったんですが、コレが西側だったらどうなったか??? ウチの母曰く、人生で最も身の危険を感じたのは高潮被害を出した1999年台風18号の時だと言っていまして、、、イナカの家が台風の中心の西側でしたから、玄関の一部が風でもげて、畳を剥がして一晩中押さえていたそうです。ライフラインが何ともなかったのは奇跡でした。だーから、台風が来ると、自分の家のどの地点を通り過ぎるのか、というのが非常に気になりますね。

しかーし、、、去年の11月にフィリピンを襲った台風30号ですが、甚大な被害が出たのを覚えているヒトも多いでしょう。この時の上陸時の気圧は895hPaという、想像もつかないような勢力でした。最大瞬間風速105メートルを記録し、史上最強の台風と云われていますが、こんなのが日本に来ないことを祈るばかりです

| | TrackBack (0)

10/09/2014

台風19号

猛烈台風19号 連休前半に沖縄の南海上~後半西日本へ

台風19号が「2014年に地球上で発生した最強の台風」にまで発達するとのこと・・・ うーん、、、週末に掛けて影響がありそうですが、関西方面に向かう進路予想が出ていて目が離せません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/08/2014

皆既月食

今日は3年ぶりの皆既月食だったそうですが、ワタシも堪能しましたよ 今日は全国で観察出来たようで、ワタシもカイシャから帰る途中で空を眺めたところ、日吉駅で月の上弦だけ、最寄りのバス停に着いたらオレンジ色の球体になっていました 雲が出ていて心配だったんですが、ちょうど雲の切れ目から見れまして、大勢のヒトがスマホで撮影していました まあ、ワタシのiPodTouchぢゃイマイチうまく撮影出来なかったので、じっくりと鑑賞しました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/06/2014

台風18号のその後・・・

いやー・・・ちょうど月曜日の通勤時直撃かも??? とゆーコトで、どーなるコトやらと心配しましたが、朝いつも通りに起きて通勤の準備してドアを開けたら、雨ザーザーだったけど風が吹いてなかったんで、「こりゃ出掛けるなら今だ!!」と、ナイロンパーカーをレインコート代わりに着込んで、長靴履いて大きな傘を差して、重装備でバス停に向かいました 台風の進路が首都圏直撃モードだったモンですから、「アブナイし、途中で電車止まるかもしれんし、無茶は禁物よね」と思っていたんですが、、、朝起きてみたら、こりゃお昼頃に首都圏直撃で帰る頃は晴れてるなーとゆールートだったもんですから、思い切って出掛けたワケです

学校は臨時休校になったのかandカイシャも休みのヒトがいるのか、案外バス停は空いてまして、電車も目黒線は平常通りに動いてまして、日比谷で日比谷線に乗り換えたんですがこちらも平常通りに動いてました そんで、朝ご飯&お昼ご飯を買い込んで出勤したら、殆どのヒトが出社してまして、、、 話を聞いたら、みんな朝7時半とか、いつもより30分~1時間早く出たとかで、みんな真面目だなーと感心してしまいました まあでも、今回の台風は強い勢力を保ったまま!! とゆーコトで、出掛ける前にベランダ側の窓ガラスにガムテープを貼ってったんですが、、、幸い、何事もなく無事でした

まあ、帰ってから剥がすのに四苦八苦でしたけど、被害は何もなかったので良しとしましょう 静岡や横浜方面はかーなりの大雨だったようで、昼間は大幅にダイヤが乱れてましたし、今回は無事に台風をやり過ごしてラッキーだったかな??? ってカンジですが、、、しかーし、今度は台風19号・・・うんざりです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/05/2014

台風18号

台風18号 あす6日午前中に本州上陸のおそれ

台風18号の進路予想図を見る限り、心配していたとおり、やっぱし南関東まっしぐらです 明日の朝はいったいどーなってるのか・・・??? カイシャに行けるかどうか分からない状況ですが、たぶんワタシと同じようにアタマを抱えているサラリーマンやOLさんも多いと思います。お天気予報をこまめにチェックして、くれぐれも身の危険が降りかかるような行動をしないように気をつけたいモンです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/03/2014

カイシャのヒトの話

御嶽山噴火の犠牲者は、雲仙普賢岳を上回る数となりました。実は、ウチのカイシャにも3人ほど山登りが好きなヒトがいまして、、、同僚二人は東京から御嶽山まで登るにはちょっと遠すぎるから行ったコトがないor島崎藤村を訪ねて7合目までなら行ったコトがあると言ってましたが、センパイは御嶽山頂上まで登ったことがあるとのこと。どんなところか聞いたら、3,000メートル級の山にしては案外気軽に登れて、頂上からの見晴らしは絶景で、ホントに素晴らしいところだとのことでした。そのセンパイ曰く、やはり土曜日で紅葉の季節で晴天だった・・・というのが犠牲者を多くした要因で、あまりにも不運すぎるとのこと。未だ見つかっていない登山者の一日も早い発見と、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。

|

« September 2014 | Main | November 2014 »