« 祟られた日(ーー; | Main | 『プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代』を観に行ってきました♪(後編) »

10/06/2007

『プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代』を観に行ってきました♪(前編)

Yamanashi 今日は甲府市にある山梨県立美術館まで行ってきました。目的はもちろん、『プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代』です!!6月上旬~7月上旬に渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムでやってたんですが、、、この頃はチョー多忙でそれどころぢゃなかったのよね~(T_T) すっかりアキラメていたんですが、こーんな近場でワタシのために ← そんなハズはないが(^^;A 巡回してるなんて、こりゃー行くっきゃない!!とゆーコトで、9月8日~10月14日までココでやっているので、なんとしてでも行こう!!\(^O^)/と計画してまして、、、んで、山梨って関東だし、東京&神奈川の隣県だから、甲府市もせいぜい高尾の先ぐらいにしか考えてなかったんですよね(^^;;

だーから、Yahoo! Transitで検索したら、えらく遠いぢゃん!?新宿から特急で1時間半も掛かるし、「え"~???そんなに遠いのーっ???<^O^;>」って、千葉か大宮に行く程度の認識しかなかったんですよね(^^;; その話をカイシャのセンパイに話したら「あんたねー・・・実際は高崎や前橋に行くのと同じ感覚だよ~(^^;;」と、思いっきりヒンシュクを買ってしまいました(^^;;;;; そんでもって、スーパーあずさってけっこー混むってゆーから、わざわざネットで切符を予約しまして、新宿発8:02のに乗るため、今朝は5:00に起きて6:30にはウチを出ましたから、久々にちょっとした小旅行になってしまいました(+.+; しかーし!Bunkamuraで観れりゃ片道200円程度の駄賃で済んだのに、片道4,000円も掛けてわざわざ観に行くワタシっていったい・・・(-。-;

まあでも、スーパーあずさ、初めて乗りました♪よく推理小説の舞台になってたよーな気が・・・???午前中の電車はみんな満席だそうで、勝手に乗らないようアナウンスしてます(^_^;A 私も8:00発のに乗りたかったんですが、満席だったんですよね。なんだかみんなでっかいリュックサックを背負ってるか、ガラガラと旅行用カートを引いてるヒトばかり。おお、そうだ!!今は行楽の時期なんだ!!/^O^;/しかもオッチャンオバチャン&ジジババばかりで、私みたくフツーの恰好をしてるのは少ないようです(^_^;A んで、アナウンスどおり八王子で一気に満席になりましたね~(^^;; みんな一斉に弁当広げて食い始めるし、隣のおばちゃんもでっかい弁当広げて食ってるし(^^;; なんだか小田原~熱海間の東海道線に乗ってる気分です(^_^;A

こうして甲府に着いたのはイインですが・・バスの本数は少ないし、イナカだからタイムロスが多いです(^^;; ワタシがバス乗り場に向かうと、山登りとおぼしきピープルがわんさといます(^^;;;;; 電車を降りた時、空気がひんやりとしてたんですが、、、急に暑くなりました。さすが盆地です(^_^;A あーんど、バス待ちの際、知らないオジイチャンに話しかけられてしまいました。どぉーやら一緒に美術館に向かうヒトらしいんですが、山登りぴーぷるがわんさといて、自分の乗るバスがワカラクなった様子です。うーん、、、見知らぬヒトに声を掛けられるとは、さすがイナカです(^_^;A んで、山登りピープルを詰め込んだバスが2台去って、その10分後にワタシラの乗るバスが来ました。後方から整理券を取って、降りる時に前でおカネを払うシステムのようです。典型的なイナカのバスですね(^_^;A しばらくこのテのバスとは無縁だったので、一瞬戸惑ってしまいました(^^;;;;;

|

« 祟られた日(ーー; | Main | 『プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代』を観に行ってきました♪(後編) »

アートな人生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代』を観に行ってきました♪(前編):

« 祟られた日(ーー; | Main | 『プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代』を観に行ってきました♪(後編) »