« TeaTime♪ | Main | 私はダリでしょう? »

11/10/2006

ベルギー王立美術館展に行ってきました(^^*

今日は振替休日を取って、ベルギー王立美術館展(http://event.yomiuri.co.jp/royal/を観に上野の西洋美術館まで行って参りました♪てっきり9時開館だとカン違いしていたので、いつもどおりに朝起きして出かけたんですが、、、開館は9時半からだったので、早く着いてしまったんですが、東京文化会館前では修学旅行生や団体旅行客とおぼしきジジババ達で溢れ返ってまして、、、いったいこのヒト等どこにいくんだろ???(^^; ってカンジです(^^;A んで、開門の時間になると西洋美術館前も長い列になっていましたが、平日ということもあって展示自体は割とゆっくりじっくり堪能するコトが出来ました♪

作品のイチバンの目玉は、“日本初公開”というピーター・ブリューゲル(父)?の『イカロスの墜落』なんですが、、、ぢつは、作品の片隅に溺れたイカロスの手と足だけが水面から出ているだけなので、作品全体を眺めるといったいイカロスはどこにいるの???ってカンジで、なんとも楽しい作品です(^^;A 展示内容は、ブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイクと云ったフランドル派からマグリット(シュールレアリズム)まで、16世紀~20世紀まで様々な年代のコレクションでした。スワーネンブルフの『地獄のアイネイアス』は、地獄を描いた作品集にけっこー頻繁に紹介されてますよね?(^^;; あーんど、ワタシのおススメのJ.アンソールの不気味作品もありました♪

そうそう、殆どの作品がガラスケースに入れられて展示されていたので、電灯の光が作品に反射するんですよね。(ココまで厳密な展示は今までなかったし)観ていて心地良さが感じられずガッカリでしたが、所蔵美術館の貸出条件らしいのでやむを得ないんでしょう。

帰りはオミヤゲとして目録を1冊、ポストカードを5枚買って帰ったんですが、、、1枚はP.ブリューゲルの上述作品、2枚はスワーネンブルフの上述作品、1枚はアンソールの『燻製ニシンを奪い合う骸骨たち』、1枚はコルネリス・ハイスプレフツという画家の『ヴァニタス』という作品で、戸棚の中にガイコツが入っている絵です(^^;A うーん、、、『イカロスの墜落』以外は、フツーとは程遠い作品ばかりです(^^;;;;; あーんど、NAZEかベルギービール専用グラスが販売されてたりして笑ってしまいました(^O^;

|

« TeaTime♪ | Main | 私はダリでしょう? »

アートな人生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベルギー王立美術館展に行ってきました(^^*:

« TeaTime♪ | Main | 私はダリでしょう? »