« カイシャのガン検診 | Main | 脱!クリーンルーム »

09/20/2006

ベルギー王立美術館展

9月12日(火)~12月10日(日)まで、上野の西洋美術館でベルギー王立美術館展が開催されているので(http://event.yomiuri.co.jp/royal/)、ヒマを見て有休を取って見に行かなくちゃ!イチバンの目玉は、Pieter Bruegel(←父ちゃん)の『イカロスの墜落』で、半世紀以上ベルギー国外で展示されることなかったそうです。あーんど!ワタシの注目株!James Ansoir のシュールな絵画&素描もけっこー展示されるので、楽しみです♪

まあでも、ワタシ自身は、P.ブリューゲル(←長男^^;)と云えばヒエロニムス・ボッシュやグリューネヴァルト、フュッスリやルカ・シニョレリみたく、聖書をテーマにした地獄絵や魔物絵が多い・・・というイメージがあるんですよね(^^;A しかーし、かの有名な『聖アントワーヌの誘惑』は、ブリューゲルオヤジの作品だったりします。でも、コレはいろんな画家が描いてるんですよね(^^;;

・・・んでもって、ワタシは西洋絵画と云うと、このテのダークな作品に思いっきりココロ惹かれたりします(^^;;;;;;

|

« カイシャのガン検診 | Main | 脱!クリーンルーム »

アートな人生」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベルギー王立美術館展:

« カイシャのガン検診 | Main | 脱!クリーンルーム »