« お医者さん | Main | 至福のひととき »

03/16/2006

胃カメラ上手

ワタシが去年秋から世話になっている病院なんだけど、、、去年10月にカイシャのガン検診で胃のバリウム検査を受けたビョーインから再検査の通知が来たからなんですよね。そこのビョーインはあまり上手ぢゃないみたいで、発泡剤を飲んで目を白黒させながら必死にゲップをガマンしたにもかかわらず、二度も発泡剤を飲まされて何度もバリウムを飲まされたアゲク、胃の上部に影があるって指摘されたんですよね★で、「当病院で胃の内視鏡検査を受けられる場合には・・・」と、案内書きがあったモンですから「おめーのトコロぢゃ二度と受けねーよ(--#」と思って、自分でインターネットで評判をチェックして胃カメラ上手なビョーインを探したワケです(^^;; 紹介状がないので初診料を余計に払わねばならんのですが、今まで胃カメラ経験者からロクな話を聞いてなかったので、ソレをケチって死ぬ思いをするよりは別にいーやと思いまして(^^;; で、予約した日にビョーインに行って問診したんですけど、予約ぎっしりで、実際の検査日は結局12月上旬だったんですよね。なんだか、胃カメラ検診を受けるだけなのに、お医者さんの前にずらーっと行列して待っている気分でした(^^;;;;;;

実際に検査を受けたところ、さすが胃カメラ上手で有名なトコロだけあって、ノドの麻酔以外はさしたる苦痛もなく、鎮静剤を打った後の記憶は全く途切れたまま、「はい、終わりましたよ」とゆー看護師さんの掛け声でパチッと目が覚め、あっという間に胃の内視鏡検査は終わったワケです(^^;; その時に、「ピロリ菌の検査をお勧めします」と言われ、急きょ呼気テストをするコトになったんです(^^;; しかも、生検のため胃の一部を切除したためアルコールや刺激物を取らないようにとゆー注意書きまでもらったモンですから、あの日はすごーく気が滅入って帰ったんですよね~(ーー;; ところで、鎮静剤を打ったヒトは検査後約1時間ほど休憩室で休憩させられるんですが、、、みんな鎮静剤でふらふらになるらしく、看護師さんに両脇を抱えられたり、担ぎ出されたりしてるんですよね~(^^;;;;;; 「やだわーっ!!!アタシもああなるのかしらーっ<^O^;>」って思ってたんですが、さすがに自分の足でしっかり歩くコトが出来ました(^^;A

検査から二週間後、結果を聞きにビョーインに行きまして、、、幸い、ガンぢゃなかったのでホッとしました(^^;A 胃の下部が赤く胃炎になってたんですが、まーーーったく自覚症状はなかったんですよね。呼気テストの結果は陽性だったので、ピロリ菌の薬を処方してもらわねばならなかったんですが・・・ま、ガン告知されたらそのまま自分が契約している生命保険でがん保険の手続きをしようと思ってたけど、やっぱしがん保険なんて使いたくないしねー(^^;;;;;;;; こうしてワタシの初めての胃カメラ体験は無事、終了することが出来たワケです(^^;A しかーし!!!バリウム検査で指摘された胃の上部には全然異常が見つからなかったのに、、、バリウム検査を受けたあのビョーインって、いったい???

まあでも、さすがガンという精神的・肉体的にもしんどい病気を専門的に扱っているビョーインだけあって、受付のヒトから看護師さんからお医者さんまでみんな親切で、何か尋ねると丁寧に教えてくれました。きっと、院内教育が徹底されてるんだと思います♪

|

« お医者さん | Main | 至福のひととき »

健康的なお話」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 胃カメラ上手:

« お医者さん | Main | 至福のひととき »