« 花粉症のお話(ーー;; | Main | The Da Vinci Code »

02/02/2006

THE HOT ZONE

(『THE HOT ZONE』 by Richard Preston)

・・・って、昨年一度読んだんだけど、最近アサヒ・コムで『エボラウイルスの宿主、コウモリの可能性高まる』って記事を見かけたモンですから、それで思い出したようにまた読み始めました。コレはキラーウイルス(エボラウイルス)を題材にしたドキュメンタリーで、内容はかなり具体的で比較的読みやすい文体です。エボラにもいくつか種類があるらしく、人間に感染するのはEbola Marburg、Ebola Sudan、Ebola Zaireと、発症した地名毎の名前があって、Ebola Zaireがもっとも症状がひどくて死亡率90%以上なんだそうです。他にも、感染後サルは発症して死亡しても、人間は軽い症状だけで済む種類とか・・・

ただねえ~エボラ出血熱の症状が激烈ですから、その描写が凄まじくて、、、“黒い吐瀉物を吐き続けた”とか“体中から血が噴き出す”とか“内臓がスポンジのようになって血が滲み出てくる”とか、、、読んでてワタシまで具合が悪くなってしまいます(ーー;; まあでも、アサヒ・コムの記事はドイツ語講座で紹介したんだけど、、、近々リストを作ってdie Zeitungsartikellisteとしてまとめて紹介したいと思ってます(^^;A

|

« 花粉症のお話(ーー;; | Main | The Da Vinci Code »

語学アソビ♪」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference THE HOT ZONE:

« 花粉症のお話(ーー;; | Main | The Da Vinci Code »